【おすすめはどっち!?】シャープ除湿機:CV-S71とCV-R71の違いを紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

除湿機

シャープから2024年3月に、2024年モデルプラズマクラスター除湿機が発売されました。

例年どおり、梅雨シーズン前の商品入れ替えに入っています。

新製品が発売されましたが、家電の【新製品と旧製品の違い】ってわかりづらいですよね?

家電の新製品が発売される場合は次の2パターンがあります。

  • 機能や外観がさらに良くなった
  • 機能外観は変わらず、型番だけが変わった

今回は、シャープ除湿機の新製品をリサーチしましたので、次の2機種の違いを解説します。

2024年モデル コンプレッサー式除湿機【CV-S71】
2023年モデル コンプレッサー式除湿機【CV-R71】

アルパ家
アルパ家

私、アルパ家は家電量販店で15年以上の経歴があり、家電の知識と価格が安いか判断できる知識を持っています。

この記事を読むとわかること
  • CV-S71、CV-R71の基本特徴
  • CV-S71、CV-R71の違い
  • 【おすすめはどちらか?】&【お買い得情報】

結論からいうと、CV-S71とCV-R71の違いは【機能外観は変わらず、型番だけが変わった】年度切り替えだけの商品となっています。

CV-S71、CV-R71の基本特徴:

CV-S71(2024年モデル)、CV-R71(2023年モデル)共通の基本的な特徴をご紹介します。

  1. コンプレッサー方式:梅雨・夏、暖かい地域に強い!!
  2. コンパクト:省スペースだから1ルーム、一人暮らしにおすすめ
  3. プラズマクラスター7000:部屋干しのイヤなにおいを抑える

コンプレッサー方式:梅雨・夏、暖かい地域に強い!!

シャープ公式サイト画像引用

除湿方式は大きくわけて3種類あり、コンプレッサー式(夏向)、デシカント式(冬向)、ハイブリッド式(年中)があります。

コンプレッサー式は、空気中の水分を冷やし、結露させて除湿します。

コンプレッサー式 メリット

  • 梅雨・夏に強い
  • 除湿能力が高い
  • 電気代が比較的安い

コンプレッサー式 デメリット

  • 冬や寒冷地に向いていない(気温低い → 除湿能力下がる)
  • 本体が重い(冷却器が重量あります)
アルパ家
アルパ家

年中使うのには、向いていません。年中使うなら、ハイブリッド式を選びましょう。
※沖縄のような熱帯地域はコンプレッサー式でも一年中使えます。

コンパクト:省スペースだから1ルーム、一人暮らしにおすすめ

型番CV-SH150CV-S180CV-S71CV-S60CM-S100
推定市場価格(前後)85,000円80,000円46,000円43,000円60,000円
除湿面積目安
(木造~鉄筋)
15~30畳*50Hz
16~33畳*60Hz
20~40畳*50Hz
23~45畳*60Hz
8~16畳*50Hz
9~18畳*60Hz
7~14畳*50Hz
7~14畳*60Hz
11~23畳*50Hz
13~25畳*60Hz
除湿能力(50/60HZ)13/15L16/18L6.3/7.1L5.4/5.6L9.0/10L
除湿方式ハイブリッド式コンプレッサーコンプレッサーデシカントコンプレッサー
衣類乾燥スピード
(2kg計算)
57分80分167分99分120分
除菌イオン濃度250007000700070007000
外形寸法mm
(幅×奥行き×高さ)
365×235×645359×248×665303×203×524300×300×323315×235×575
質量15.0kg16.5kg9.6kg6.7kg12.5kg
2024年モデル比較

シャープ コンプレッサー式除湿機の中で1番軽量、コンパクトなモデルです。除湿対応面積は8畳~の為、1ルームや一人暮らし、省スペース向けのモデルです。

シャープ公式サイト画像引用

プラズマクラスター7000:部屋干しのイヤなにおいを抑える

シャープ公式サイト画像引用

シャープ除湿機の強み!!

プラズマクラスター7000を搭載しているため、消臭&カビ抑制ができます。

アルパ家
アルパ家

部屋干しのイヤなにおいを抑えてくれるのはありがたいですね。

【オールシーズン除湿機を使いたい】という方には、本体は大きくなりますが、ハイブリッド式のCV-SH150がおすすめです。CV-SH150については、次の記事を参照ください。

CV-S71、CV-R71の違い:発売年度だけ

結論からいうと、CV-S71(2024年モデル)とCV-R71(2023年モデル)の機能の違いはありません。

2024年モデルと2023年モデルとの違いは、発売年度のみ

CV-S71:2024年3月
CV-R71:2023年3月

アルパ家
アルパ家

今回の新製品は、「機能外観は変わらず、型番だけが変わった」という結果でした。

基本仕様比較:メイン機能の抜粋

2024年
CV-S71
2023年
CV-R71
価格帯(2024年3月25日時点)46,000円前後25,000円前後
最大除湿能力
(50Hz/60Hz)
6.3/7.1L6.3/7.1L
除湿面積目安
(木造~コンクリ住宅)
8~16畳*50Hz
9~18畳*60Hz
8~16畳*50Hz
9~18畳*60Hz
衣類乾燥1回あたりの電気代目安約17円約17円
排水タンク容量2.5L2.5L
重量9.6kg9.6kg
運転音(乾燥)
強/弱
40/36dB*50Hz
40/36dB*60Hz
40/36dB*50Hz
40/36dB*60Hz

より詳しい仕様は公式ホームページをご参照ください。
【2024年CV-S71】仕様/寸法ページ
【2023年CV-R71】仕様/寸法ページ

音の大きさの目安

50デシベル → 静かな事務所
40デシベル → 昼間の静かな住宅地、図書館
30デシベル → 深夜の郊外、ささやき声

おすすめは?安く買いたいなら型落ちモデル

結論からいうと、「機能外観は変わらず、型番だけが変わった」だけの為、処分で在庫がある内は、CV-R71(2023年モデル)がおすすめです。選ぶ基準は次のとおりです。

  • 製造年度が新しい物がいいなら:新製品「2024年モデル CV-S71」
  • 安く買いたいなら:型落ち「2023年モデル CV-R71」

製造年度が新しい物がいいなら:新製品「2024年モデル CV-S71」

\5月8日時点 在庫有り 

安く買いたいなら、型落ちモデルのCV-R71

5月15日時点 在庫有り

さらにお買い得!2022年モデル CV-P71が楽天市場で安い!

2024年5月15日時点 20,980円~

5月15日時点 在庫有り

アルパ家
アルパ家

CV-P71(2022年モデル)とCV-R71(2023年モデル)の機能の違いもありません。お買い得になっている今がチャンスです!

今回のまとめ

今回は、シャープ除湿機:CV-S71(2024年モデル)とCV-R71(2023年モデル)の違いに絞って、ご紹介させていただきました。

今回の結論は、次の内容です。

  • 製造年度が新しい物がいいなら:新製品「2024年モデル CV-S71」
  • 安く買いたいなら:型落ち「2023年モデル CV-R71」

ご購入の参考になれば幸いです。

次の記事では、シャープ除湿機の【2024年ラインナップ】と【2023年ラインナップ】を各モデルごとに比較、おすすめをご紹介しております。他の商品も気になるという方はぜひ、ご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました