【おすすめはどっち!?】シャープ除湿機:CV-SH150とCV-RH140の違いを紹介

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

除湿機

シャープから2024年3月に、2024年モデルプラズマクラスター除湿機が発売されました。

例年どおり、梅雨シーズン前の商品入れ替えに入っています。

新製品が発売されましたが、家電の【新製品と旧製品の違い】ってわかりづらいですよね?

家電の新製品が発売される場合は次の2パターンがあります。

  • 機能や外観がさらに良くなった
  • 機能外観は変わらず、型番だけが変わった

「新しいものはいい」と思い込んで、何も調べずに購入してしまうと、高い買い物で終わることも。。。

今回は、シャープ除湿機の新製品をリサーチしましたので、次の2機種の違いを解説します。

2024年モデル ハイブリッド式除湿機【CV-SH150】
2023年モデル ハイブリッド式除湿機【CV-RH140】

アルパ家
アルパ家

私、アルパ家は家電量販店で15年以上の経歴があり、家電の知識と価格が安いか判断できる知識を持っています。

この記事を読むとわかること
  • CV-SH150、CV-RH140の基本特徴
  • CV-SH150、CV-RH140の違い2点
  • 【おすすめはどちらか?】&【お買い得情報】

CV-SH150、CV-RH140の基本特徴:年中快適に除湿したいならコレ!

CV-SH150(2024年モデル)、CV-RH140(2023年モデル)共通の基本的な特徴をご紹介します。

  1. ハイブリッド除湿方式:年中ハイパワー除湿で安心
  2. 部屋干しが年中快適:衣類乾燥スピードが早い!!
  3. プラズマクラスター25000:シャープ製品の中で除菌・消臭力NO,1

ハイブリッド除湿方式:年中ハイパワー除湿で安心

シャープ公式サイト画像引用

除湿方式は大きくわけて3種類あり、コンプレッサー式(夏向)、デシカント式(冬向)、ハイブリッド式(年中)があります。

ハイブリッド式は、季節にあわせて最適な除湿方式へ切り替えてくれるため、【どの地域でも、どの季節でも安心して使用ができる】ことが最大のメリットです。

アルパ家
アルパ家

夏冬の気温差が大きい地域であれば、ハイブリッド式を選んでおけば間違いないです。

部屋干しが年中快適:衣類乾燥スピードが早い!!

型番CV-SH150CV-S180CV-S71CV-S60CM-S100
推定市場価格(前後)85,000円80,000円46,000円43,000円60,000円
除湿面積目安
(木造~鉄筋)
15~30畳*50Hz
16~33畳*60Hz
20~40畳*50Hz
23~45畳*60Hz
8~16畳*50Hz
9~18畳*60Hz
7~14畳*50Hz
7~14畳*60Hz
11~23畳*50Hz
13~25畳*60Hz
除湿能力(50/60HZ)13/15L16/18L6.3/7.1L5.4/5.6L9.0/10L
除湿方式ハイブリッド式コンプレッサーコンプレッサーデシカントコンプレッサー
衣類乾燥スピード
(2kg計算)
57分80分167分99分120分
除菌イオン濃度250007000700070007000
質量15.0kg16.5kg9.6kg6.7kg12.5kg
2024年モデル比較

乾燥スピードが速いのも特徴です。シャープ製品の中でも乾燥スピードが速く、衣類乾燥メインで考えるとハイブリッド式モデルが1番おすすめです。

プラズマクラスター25000:シャープ製品の中で除菌・消臭力NO,1

シャープ公式サイト画像引用

プラズマクラスター25000を搭載しているため、消臭スピードが約1.5倍。乾燥スピードだけでなく、除菌・消臭効果でも部屋干しに最適な除湿機となっています。

アルパ家
アルパ家

新旧ともに、除湿力・衣類乾燥性能・年中快適性 3つ揃ったいい商品となっています。

※プラズマクラスター25000の場合、約17,500時間(毎日24時間使うと2年目安)経過すると次のイオン発生ユニットの交換が必要になります。

CV-SH150、CV-RH140の違い2点

2024年モデルと2023年モデルとの違いは2点

  • 除湿能力アップ
  • 静音性アップ
2024年
CV-SH150
2023年
CV-RH140
価格帯(2024年3月18日時点)85,000円前後50,000円前後
最大除湿能力
(50Hz/60Hz)
13/15L12/14L
除湿面積目安
(木造~コンクリ住宅)
15~30畳*50Hz
16~33畳*60Hz
14~28畳*50Hz
16~33畳*60Hz
運転音(乾燥)
強/音控えめ
49/37dB51/39dB

発売年度が違うため、価格は約35,000円前後の差があります。(2024年3月時点)

除湿能力アップ

2024年モデルCV-SH150の方が、最大除湿能力が上がっています。

CV-SH150:13L(50Hz)/15L(60Hz)
CV-RH140:12L(50Hz)/14L(60Hz)

1Lの除湿能力が変わることで、衣類乾燥スピードが上がっています。

CV-SH150:梅雨時57分/冬季75分
CV-RH140:梅雨時64分/冬季80分

静音性アップ

2024年モデルCV-SH150の方が、衣類乾燥時の運転音が小さくなっていて、若干静音性が改善されています

CV-SH150:49/37dB
CV-RH140:51/39dB

2dBの音が変わる為、1.25倍の音の大きさの差がある計算になります。ただ、実際にこの違いは感じにくい差のため、ちょっと微妙なポイントとなっています。

音の大きさの目安

50デシベル → 静かな事務所
40デシベル → 昼間の静かな住宅地、図書館
30デシベル → 深夜の郊外、ささやき声

おすすめは?衣類乾燥性能なら新型モデル:安く買うなら型落ちモデル

結論からいうと、判断基準は次の2つです。

  • 衣類乾燥スピードが速い方がいいなら、新製品CV-SH150
  • 安く買いたいなら、型落ちモデルのCV-RH140

衣類乾燥スピードが速い方がいいなら、新製品CV-SH150

\5月19日時点 在庫あり

安く買いたいなら、型落ちモデルのCV-RH140

\5月19日時点 在庫有り 

さらにお買い得がよければ、2022年モデル CV-PH140 がAmazonで安い!

2024年5月19日時点 39,955円~

5月19日時点 在庫有り

アルパ家
アルパ家

2023年モデル:CV-RH140と2022年モデル:CV-PH140の機能の違いはありません。お買い得になっている今がチャンスです!

今回のまとめ

今回は、シャープ除湿機:2024年モデルCV-SH150と2023年モデルCV-RH140の違いに絞って、ご紹介させていただきました。

今回の結論は、次の内容です。

  • 衣類乾燥スピードが速い方がいいなら、新製品CV-SH150
  • 安く買いたいなら、型落ちモデルのCV-RH140

ご購入の参考になれば幸いです。

次の記事では、シャープ除湿機の【2024年ラインナップ】と【2023年ラインナップ】を各モデルごとに比較、おすすめをご紹介しております。他の商品も気になるという方はぜひ、ご参照ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました